青汁を飲めば便秘解消が期待できる!そのメカニズムは?

 

青汁にはさまざまな効果が期待できますが、そのうちのひとつに便秘解消があります。

これは、青汁によって腸内環境が改善する見込みがあるためです。

なぜ青汁によって腸内環境が改善し、便秘が解消できる可能性があるのか、そのメカニズムについて説明していきましょう。

便秘の原因のひとつは腸内環境の悪化

便秘にはさまざまな原因がありますが、そのうちのひとつが腸内環境の悪化です。

腸内には有害物質を分泌する悪玉菌と、悪玉菌を退治してくれる善玉菌が住んでいます。

腸内環境が悪化している状態では、悪玉菌の力が善玉菌を上回ってしまっており、腸内に悪玉菌の分泌した有害物質が多くなっています。

この有害物質によって、腸の働きが悪くなってしまうのです。

腸の働きが悪くなれば中の食べ物が移動しにくくなり、便秘につながってしまうというわけです 🙁 

便秘によって腸内にたまった便によって悪玉菌がさらに増え、腸内環境がさらに悪化するという悪循環に陥ってしまう可能性もあるのです。

青汁の水溶性食物繊維で便秘解消が期待できる

食物繊維は大きく分けると水溶性と不溶性があります。

不溶性食物繊維は、青汁の製造過程で失われてしまいますが、水溶性食物繊維は青汁に含まれています。

水溶性食物繊維は、腸内で善玉菌の餌となるという働きを持っているのです。

青汁によって水溶性食物繊維の摂取量を増やせば善玉菌の餌が増え、数が増えてくれる可能性があります。

善玉菌の数が増えればより多くの悪玉菌が退治され、善玉菌の数が悪玉菌を上回るようになり、腸内環境の改善につながることが期待できるというわけです。

まとめ-便秘解消のために青汁を飲もう!

最近、便通が悪くて困っている人の中には、腸内環境が悪化している人が多いでしょう。

便秘は悪玉菌の分泌した有害物質が原因で吹き出物ができたり、基礎代謝のダウンによって太ってしまったりすることにもつながりかねません。

青汁で腸内環境を改善し、便秘を解消していきましょう。